2266
現在の多くのジムで配置されることが多いギャラドス!
CPが高く、ジムの後半に配置させやすいのでジムの物置として使われやすいポケモンとなっています。
今回はギャラドスが覚える技の中でどれが最適なのか考えてみました。


ギャラドスの技(第一世代技)
たつまき使用時
※「☆」はタイプ一致(威力1.25倍)によって威力が上がる技。
※3/10現在の技性能を記載しています。
※「※1」は現在覚えることができない技です。

通常技
①かみつく(あく)
威力6 発動速度0.5秒 

ゲージ技
☆①ハイドロポンプ(みず)
威力130 発動速度4.3秒 ゲージフル
②たつまき(ドラゴン)※1
威力45 発動速度3.8秒 ゲージ1/3
③りゅうのはどう(ドラゴン)
威力90 発動速度4.6秒 ゲージ1/2

第1世代ギャラドスの最適技は「かみつく・ハイドロポンプ」が主流。
特にゲージ技の「ハイドロポンプ」のタイプ一致ボーナスの恩恵がかなり大きいですからね。
各技の威力や発動速度を考えると「ハイドロポンプ」が使いやすかったはずです。
続いて第2世代技を見ていきましょう。


ギャラドスの技(第二世代技)
ふいうちゲンガー
通常技
①かみつく(あく)
威力6 発動速度0.5秒 
②ドラゴンテール(ドラゴン)
威力15 発動速度1.1秒

ゲージ技
☆①ハイドロポンプ(みず)
威力130 発動速度4.3秒 ゲージフル
②かみくだく(あく)
威力70 発動速度4.2秒 ゲージ1/3
③げきりん(ドラゴン)
威力110 発動速度4.9秒
 ゲージ1/2

通常技には新たに「ドラゴンテール」、ゲージ技には「かみくだく」、「げきりん」が追加されました。

通常技のドラゴンテールは技の発動速度が遅い分かみつくより破壊力がある技という印象があります。
特に新しく追加された「げきりん」はドラゴンタイプ対策としてかなり優秀な技なので、大いにゲージ技の有力候補としてあげることができるでしょう。
「かみくだく」はハイドロポンプやげきりんの影に隠れてしまうほどの技性能なので脚光が浴びづらいイメージがありますね。


通常技はどれが強いか
火力を求めるなら「ドラゴンテール」、回避してHPを温存しつつ戦うのであれば「かみつく」が良いでしょう。

時間単位で考えると「ドラゴンテール」の方が火力を出せますが、技の発動速度は「かみつく」の方が圧倒的に技を繰り出す速度が早いです。
ジムバトルで通常技を連打するor回避を組み込んで戦うかによってどの通常技が最適かが変わってくるのでここはお好みといったところでしょう。

結論としてはどちらも強力な通常技です。


ゲージ技はどれが強いか
第1世代技も含めると「ハイドロポンプ」or「げきりん」かで迷う人が多いでしょう。
ただ、ハイドロポンプはタイプ一致ボーナス(実質威力162.5)が付くため他のゲージ技の威力が劣っている印象が見受けられがちです。

「げきりん」はドラゴンタイプの技なので「カイリュー」や「キングドラ」などといったハイドロポンプだと倒すことが難しいポケモンに対して有効にダメージを与えられるので必ずしも「げきりん」が使いづらいということはありません。

まとめるとドラゴンキラーとして活躍させるのであれば「げきりん」、火力を大きく出したいのであれば「ハイドロポンプ」がおすすめとなってくるでしょう。
個人的にはハイドロポンプ押しです。


まとめ
総合的には第2世代ギャラドスが強いというイメージがあります!
げきりん、ドラゴンテールの登場がギャラドスを強化する大きな要因といったところでしょうか。

げきりん、ドラゴンテールが使えるようになったことでジムの防衛力が上がっただけではなくドラゴンタイプのポケモンに対して強くもなっているのでギャラドスは大幅な強化と言っても過言ではないでしょう。

第2世代ギャラドスにロマンをますます感じてしまいますね!
育てたくなってきましたよ!