ドードー
名前の由来は絶滅してしまった幻の鳥「ドードー鳥」。
本物のドードーと同じくポケモンGOでも急に出にくくなりましたね。。初期はかなり出ていましたが。 


ドードーの強いところ

・ジムで配置されやすいくさ、むしタイプのポケモンに強い!


ドードーの弱いところ
・ステータスが低くジムバトルには向かない
・なかなか出現しなくなってしまったので育てにくい


ドードーの覚える技
ドードー わざ
わざ1
◎つつく(ひこう)
威力10
※ひこうタイプのつつくならくさ、むしタイプのポケモンにこうかバツグンになります。
ダメージは期待できませんが選ぶならこっちでしょう!

〇でんこうせっか(ノーマル)
威力10
※技のスピードも威力もそれなりで、使いやすい技。
ただノーマルタイプでは相手の弱点を突けないのでドードーの能力の低さをカバーするなら「つつく」でしょう。

わざ2
◎ドリルくちばし(ひこう)
ゲージ1/3 威力40
※ドードーの覚える技の中では最も優秀。
それなりの隙の少なさとそれなりの威力を持ちます。少ないゲージで発動できるのも〇。

〇つばめがえし(ひこう)
ゲージ1/4  威力30
※ドリルくちばしよりも威力が劣るが発動条件が簡単。
ドードーは能力が低いので少しでも威力の高い技を選びたいところです。

△スピードスター(ノーマル)
ゲージ1/4 威力25
※ゲージ技で弱点を突くことができないと能力の低いドードーで活躍するのは難しい。
全然ダメージを与えられずにやられてしまう可能性大なのであまりおすすめできません。


ドードーの入手方法

野生のドードーをゲット!
5kmタマゴから孵化。


おすすめ個体値(チームリーダーの評価)
こうげき
※進化後のドードリオは防衛向きではなくアタッカーとして起用することが多いです。
こうげきをできるだけ高めて相手に大きなダメージを与えるようにしましょう!


相棒ポケモン
おすすめ度:×
3kmでドードーのアメ1個


考察
能力的にはオニスズメと似ています。
ジムバトルで活躍できるほどの能力はなく、どうしても活躍させる場合は必ず弱点を突く(相手がくさ・むしタイプの時に起用する)ようにしましょう。

進化後のドードリオはひこうタイプのアタッカーとしてそれなりに優秀です。ひこうタイプの上位陣にはプテラやカイリュー、ギャラドスがいますが、これらはひこうタイプの技を使えないのでドードリオが活躍する場は意外とあります!
ただ唯一リザードンにだけは遅れを取ります。 リザードンのひこうタイプの通常技「つばさでうつ」はかなり優秀です。

ドードーの名前の由来になっている「ドードー」のそもそもの意味はポルトガル語で「のろま」だそうです。
それがなんと原作ではすばやさのステータスがかなり高いポケモンなんですよね。
頭が増えたり足が早かったりなかなか面白いポケモンです。ちなみに何故頭が2つあるかは謎です。