稲永 ヒトカゲ

ポケモンの巣と呼ばれている場所の一つ「稲永公園」にいってみました!
(9/9に行ったときはヒトカゲの巣でした。)


稲永公園へのアクセス
愛知県名古屋市港区にある小さな公園です。(愛知県名古屋市港区野跡4丁目)

名古屋駅から行く場合は名古屋駅→野跡(あおなみ線)が一般的です。運賃は片道300円。
(所要時間は名古屋駅から約20分。駅の向かい側にある小さな公園が稲永公園です。)

車で行く場合は、駐車場がいくつかあります。無料ですが、非常に混雑していて車を停めるのに時間がかかる上に駐車場がとても狭いので運転に慣れていない場合は電車で行く方が無難かもしれません。

また稲永公園の近くにある稲永スポーツセンターの駐車場にも車をとめられますが有料(21時まで一律300円)で21時までしか開いてません。
無料の駐車場は常に満車状態なので、あまり混んでいるようであれば稲枝スポーツセンターの駐車場を利用するのも一つの手かもしれませんが、スポーツセンターの利用者でない場合に利用していいのかどうかはわかりませんでした。

稲永公園の隣にある名古屋市港サッカー場の近くには公衆トイレ・自動販売機があり、中央駐車場にも公衆トイレがあります。


稲枝公園のポケストップやポケモンは?

稲枝公園
ポケストップの数自体はかなり少ないですが、4つ密集している場所があるのでモジュールを使用することでたくさんの種類のポケモンをゲットすることができます。モジュールからはパウワウやニョロモ、シェルダーなどのポケモンが出現しやすかったので、稲永公園は海から遠い地区に住んでいる人にとっては珍しいポケモンが多なという印象を受けました。

また、現在はヒトカゲがたくさん出現するので「隠れているポケモン」に出て来たら必ずゲットしましょう!
ヒトカゲ狙いの人が多く、ヒトカゲが出現している場所には人だかりができていることが多いので、周りの人の動きを見て場所を特定することができるのもホットな稲枝公園の魅力だと思います。


稲永公園へポケモンを捕まえに行く際の注意点
ポケストップが非常に少なく、ボールがすぐ無くなってしまいがちです。
事前にモンスターボールを多めに入手しておくと、いろんなポケモンを捕まえやすいでしょう。
レベルが高くなってくるとヒトカゲもモンスターボールでは捕まえにくくなるので、トレーナーレベル20以上ある場合はスーパーボール、ズリの実を多めに持っていきましょう!


出現しやすいと感じたポケモン

モジュール
ニョロモ
パウワウ
シェルダー

コイキング
イシツブテ
オニスズメ
メノクラゲ
サンド
ニャース
カラカラ

通常
ヒトカゲ
コイル
ビリリダマ
ポッポ
ビードル
コラッタ
キャタピー
ニドラン♂、♀


ヒトカゲの出現ポイント
公園側
稲永公園南側にある場所(名古屋市港サッカー場付近)と稲永公園北側(稲永スポーツセンター駐車場付近)で出現することが多い印象を受けました。

ヒトカゲをゲットしていく場合は、モジュールが出ている場所で待機するのではなく、北側と南側をくまなく歩きまわってみましょう。
隠れているポケモンのところにヒトカゲが出て来たら、周りの人の動きを見てみましょう。人だかりができている場所にヒトカゲがいる可能性が高いです。

あくまで参考程度ですが、今回は約4時間半でヒトカゲを20匹捕まえることができました。


まとめ
しっかり体感できるほど珍しいポケモンをゲットしやすいので、ポケモンGOプレイヤーにはとてもおすすめできる公園です。
また、稲永公園は海や緑がたくさんあるので、純粋に気持ちのいい綺麗な公園だと感じました。

ただし、車で行く場合は非常に駐車場が混雑している上にとても狭いので、十分に気を付けて駐車しないと思わぬトラブルに遭遇してしまうかもしれないので気を付けましょう!