イシツブテ
イシツブテの名前の由来は「石礫(いしつぶて)」から来ているそうです。また石礫は小石という意味。
石を遠くへ投げると飛んでいってしまうように見えるので、イシツブテが空中を浮くことができるのもおそらくそこから来ているのではないでしょうか。


イシツブテの強いところ
・そこそこ強いいわタイプの技を覚える!


イシツブテの弱いところ

・出現率が低いので、アメを集めにくい
・ゲージ技の威力が低いので、ダメージを与えにくい


イシツブテの覚える技
イシツブテ わざ
わざ1
〇たいあたり(ノーマル)
威力12
※技の発動速度は早めですが、いわタイプと同じ技「いわおとし」と比べると威力が低いです。

◎いわおとし(いわ)

威力12
※技の発動速度は遅いですが、威力は高い。イシツブテのタイプと同じ技なので、威力が強くなります。

わざ2
△あなをほる(じめん)
威力70 ゲージ1/3
※技を使う時間がかなり長いので、スキがとても大きいです。また技を発動中に相手からゲージ技を受けると手痛いダメージになる可能性も。

◎いわなだれ(いわ)

威力50 ゲージ1/3
※少ないゲージで、いわタイプの技を繰り出すことができる技です。消費ゲージが同じあなをほると比べるとスキがかなり少ないです。

〇がんせきふうじ(いわ)
威力30 ゲージ1/4
※ほかの技と比べると少ないゲージ量で技を繰り出せますが、威力が低いです。ただ、急所率がそこそこ高いので運が良ければさらにダメージを与えることができます。


イシツブテの入手方法
・野生のイシツブテを捕まえる
・タマゴ孵化(2km)


イシツブテのおすすめ個体値

こうげき
一撃のこうげきを重視したポケモンなので、こうげきの個体値が高いほど効果的です。またゴローニャに進化するといわタイプの強力なアタッカーとしてかなり活躍してくれるので、進化させることも考えるとこうげきの個体値は高いほど効果的です。


相棒ポケモン

イシツブテを連れて1km歩くとイシツブテのアメを1個入手


考察
イシツブテは通常技の威力が高いですが、ゲージを貯めづらくステータスが全体的にとても低いのでジムバトルでは活躍しづらいです。
ただし、ゴローニャに進化すると強力ないわタイプの技「ストーンエッジ」を覚えるようになるので、いわタイプのアタッカーとして活躍してくれるようになります。
もしイシツブテをジムバトルで使う場合は「たいあたりorいわおとし・いわなだれ」の組み合わせが有効です。

話が変わりますが、ポケモン図鑑によると雪合戦を掛け合わせた「イシツブテ合戦」というものがあるそうですが、
イシツブテの体重は20kg、体長は40cm。
想像してみるとわかるかもしれませんが、そもそもできるのかどうかツッコミを入れたくなります!
実際に石を投げたらあぶないのでやらないようにしましょう!