たまご一覧
2kmで孵化するポケモンはどれが良いのかを考察してみました!


タマゴ孵化のやり方
 むげんふかそうち
ポケモンGOを長くプレイしている方はご存知かもしれませんが、ポケモンのタマゴ(2km、5km、10km)を「ふかそうち」にセットし、実際に歩くことでタマゴの距離が増えていきます。
たとえば2kmのタマゴを孵化させたい場合はタマゴの距離が2kmになるまで歩くとタマゴを孵化させることができます。

今回、2kmのタマゴで出現するポケモンのなかで、育てておくと便利だと思うポケモンを考察してみました。

まずはプリン!

プリン
進化するとノーマル/フェアリータイプのプクリンです。
プクリンは通常技の中でゲージを貯めやすい技「はたく」を覚え、さらにノーマルタイプ最強技「「はかいこうせん」も覚えるので多くのポケモンに大きなダメージを与えやすいです。
そのほか、フェアリータイプの技も覚えるので、ドラゴンタイプのカイリューなどに有利に戦うことができます。
こうげき自体はあまり高くないですが、HPがとても高いので、高耐久アタッカーとして活躍できるポケモンです。

数少ないフェアリータイプのポケモンなので育てておくと今後、活躍してくれる可能性がさらに高まるかもしれません。

2匹目はイシツブテ!
イシツブテ
進化するといわ・じめんのゴローニャです。
ゴローニャに進化するといわタイプ最強技「ストーンエッジ」を覚えるようになり、ジムでよく配置されているカイリューやウィンディなどにとても有利に戦うことができる強力ないわタイプのアタッカーとして活躍してくれます。
一発ずつのこうげきを重視したポケモンなので、相手のこうげきタイミングに合わせながら回避をしたりこうげきをしていくと戦いやすいでしょう。

もともといわタイプのアタッカーの数が少ないので、ゴローニャを育てておくだけでジムバトルの面白さがかなり変わると思うポケモンです。

3匹目はフシギダネ!
フシギダネ
進化するとくさ・どくタイプのフシギバナ。
最初に選ぶことができるポケモン(フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメ)の中で、野生の出現率が一番高いポケモンです。フシギバナに進化するとくさタイプ最強技「ソーラービーム」を覚えるようになり、HP・こうげき・ぼうぎょが共にバランスのとれたステータスになるので、こうげきも守りも簡単にできるポケモンになるでしょう。
主にみずタイプのシャワーズやニョロボンなどに有利に戦えます。

なかなかタマゴ孵化で出現しないので、出現したらラッキーと思うポケモンの1匹です。

最後にヒトカゲ!
ヒトカゲ
進化するとほのお・ひこうタイプのリザードン。
最初に選ぶことができるポケモン(フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメ)の中では野生の出現率が一番低いポケモンです。
リザードンまで進化すると、力なほのおタイプの技「だいもんじ」を覚えるようになり、こうげきのステータスもかなり高いので優秀なほのおタイプのアタッカーとして活躍してくれます。
またドラゴンタイプの技「ドラゴンクロー」も覚えるので、ドラゴンタイプのカイリューとも戦いやすいです。

タマゴ孵化だけでなく野生の出現率も低いので、もしタマゴ孵化でヒトカゲをゲット出来たらとても喜びますね!


まとめ
タマゴ孵化でゲットできるポケモンはランダムなので運要素が強いです。ただ、ポケモンのタマゴから登場するポケモンは個体値がかなり強いので、もしほしいポケモンがタマゴから孵化したらラッキーです。
特に2kmのタマゴはすぐに孵化するので、どんどん歩いて孵化させていきましょう!