メタモンを捕まえた!
原作だとメタモンは「へんしん」という技しか使えないポケモンですが、へんしんすることで相手の技やステータス、タイプを完全にコピーすることができます。
今回はメタモンがジムバトルをするとどういった感じになるのか試してみました!


まずはアタッカーとして使ってみました!
メタモン アタッカー1
メタモンは「へんしん」しか使えないのでタップすると相手のポケモンに変身することができます。
変身することで相手の技やタイプ、ステータスなどをコピーできます。

特にメタモンの変身後のCPに注目です。


変身後!
メタモン へんしん アタッカー2
へんしんするとコピーだけではなくCPも大きく上がります!
ただ一度へんしんするとバトルが終わるまで「へんしん」が解除できません。

相手のポケモンのステータスやメタモンのCP(レベル)・個体値などが高いほど「へんしん」したときのCPが大きく伸びるそうです。
(私の持ってるメタモンはCPがかなり低いのであまり大きく伸びませんでした)

へんしんすると、相手が覚えている技をそっくりそのまま使うことができました。
強いポケモン(カイリューやカビゴンなど)に変身できるとジムバトルで猛威を振るってくれると思うので是非1匹は育てておきたいところです。


防衛でも使ってみました!
メタモン 防衛
メタモンをジムに配置させて防衛がどんな感じなのかも試してみました。

メタモンをジムに配置させると開幕は必ず「へんしん」を使ってきます。
変身をするともちろん相手の技やステータスなどを完全にコピーします。
ただ変身中でも攻撃を仕掛けてくるので注意が必要です。

ジムバトルをしていて思ったことはメタモン対策の一つしてコイキングやポッポなどといったステータスの低いポケモンにへんしんさせるとかなり効果的になりそうです。
逆にカイリューやカビゴンなどといったポケモンにうまく変身できればジムの防衛で大きな活躍が期待できるでしょう。

そしてジムバトルでダメージを受けたメタモンのHPは、ジムバトルのHPゲージの割合に合わせてジムバトル後HPが減っているそうです。
メタモンのHPは低いので、場合によってはきずぐすりなどの節約にもつながるかもしれません。


まとめ
アタッカーやジムの防衛でもかなり活躍が見込めるトリッキーなポケモンだと思いました。

これまでのポケモンとは違ったジムバトルができるうえ、メタモンを育てておくだけでアタッカーの代用にもなりそうです。
ただ、メタモンの出現率(ポッポやコラッタなどに化けている)がそこそこ低いと言われているので(私も1時間街中を回ってようやく1匹ゲット出来た程度)とても強いメタモンを育てるのに時間がかかると思っています。

そのほかメタモンはへんしんするとCPが大きく変わるので、ジムトレーニングをしたときに名声値がどのように変化するのかも調べてみたくなりました。

ただ、一匹は確実にゲットしておきたいところなので是非メタモンをゲットしていきましょう!
相棒ポケモンに連れてアメを増やしていくのもいいでしょう!